OFFICEGOOD

店舗設計・店舗デザイン・オフィスデザインで、仕事効率アップへ

オフィスデザインにおいてオフィス家具はどのような物をどのくらい使うかによって費用は大きく変わります。家具の質やブランドも費用を大きく左右します。
新しい家具を使って心機一転、オフィスワーカーのモチベーションにも影響を与えます。生産性に直結する高性能な新商品も続々と登場しています。オフィスデザインではどこにどのくらいこだわりたいかをしっかりと検討しましょう。

オフィス家具・オブジェなど

オフィスチェア

最も仕事の能率に影響を及ぼすオフィスチェアは、いかに腰に負担をかけず、座りやすく体にフィットするかということが最大のポイントです。

ミーティングチェア

ミーティングチェアの活躍の場は、お客様を迎える場、社内ミーティングをする場など様々。機能性も大切ですが、むしろコミュニケーションの雰囲気を決定づける意味でもカラーやデザイン性への比重が高い家具です。

オフィスデスク

昔は固定デスクのみであったオフィスデスク。フリーアドレスタイプの誕生で、配線処理が充実したデスクや、天板がブーメラン型のタイプのデスクなども誕生しています。

ミーティングテーブル

ミーティングテーブルは、キャスタータイプ、折りたたみタイプ、四足タイプ、ドーナツ型タイプ、移動可動型タイプなど、様々なタイプから具体的な用途に合わせて選びます。また、機能面とともに、コミュニケーションが活性化する形状、デザインなども考慮して選びましょう。

収納家具

一般家庭の家具と同じで、収納家具はオフィスデザインを考える際の必須アイテム。オフィス内を常に整然と保つ役割を果たし、生産性にも直結します。機能に合わせて様々な種類があるので、それを把握したうえで、ニーズに合わせて選ぶことが大切です。

ローパーティション

オフィスを快適にするためには、間仕切を選ぶのも大切な要素です。それぞれのエリアを分割しながらも、快適な空間を演出できるローパーティションを選んでいきましょう。

応接家具

お客様をお迎えする応接室の雰囲気はファニチャーで決まります。ビニールレザー、布張り、革張りなどの種類は様々、価格も幅がありますが、お客様をお迎えするのにふさわしいものを選びましょう。

デザイン費

デザイナーによるデザイン費も別途考えておきましょう。

オフィス移転にかかる費用

どのようなオフィスにするかによって、デザイン費は大きく変わってきます。では、実際オフィス移転にかかる費用を見てみましょう。
「移転にかけた費用はどのくらいですか?」
東京は1,000万円~3,000万円の移転費用と回答した企業が29%となっています。
規模別に見ると、小型規模オフィスの場合は全体の88%が500万円以内の費用で移転しています。それに対し中型規模オフィスの76%が300万円~1,000万円以内、 大型規模オフィスは87%が1,000万円以上の移転費用をかけていることがわかります。オフィス規模に応じて移転費用もある程度の価格帯でフィクスされています。
規模が大きくなにつれて平均費用も増加していると言えます。

Favorite


ICカードで勤怠管理




Last update:2020/9/16

オフィスデザイン
オフィスデザインSTEP
オフィスデザイン費用
店舗デザインレイアウト
HOME
お問い合わせ
(c) OFFICE-GOOD Allright Reserved.